30kg痩せてコンプレックス解消したのに、なぜまだトレーニングも食事管理もしているのか?


こんにちは、ひとシーです。

「30kg痩せてコンプレックス解消したのに、なぜまだトレーニングも食事管理も続けているのか?」

この質問いろんな方に聞かれます。

まあ確かにダイエット始める前のボクも同じような感覚でしたので、
質問される方の気持ちはよくわかります。

「ダイエットは痩せれば終わりじゃないの?」

30kg痩せてもトレーニングも食事管理もやめない理由

んで、結論からいきますが、

・単にオトコとしてカッコよくなりたいから。
・一度上げたレベルがまた下がっていくのが耐えられないから。
・常に健康でいたいから。
・なにもしてないと気持ち悪くなるから。
・一定のレベルを維持していると褒められまくって承認欲求が満たされるから。

・ボクに刺激されて痩せる人が一人でも増えてほしいから。

・学んで実践していく過程で、面白い発見もあるから。

・ボクはまだまだ満足していないから。

これが一番大きい理由ですかね。

他にも、
・トレーニング・食事管理を通して、自分より上の存在に触れることで、自分に足りないものを吸収していけるから。

・90歳になってもパワーアップし続けていたいから。

こんな感じの理由もあります。

パパっと思いつくのはこんなもんかな。

では、これだけではよくわからんと思うので、
ボクの過去の話を通して、痩せたのに、なぜまだトレーニングも食事管理もしているのか?

書いていこうと思います。

痩せてからはまたダラけた。そして雑魚に戻ろうとしている

まずボクは高校3年の春にダイエットを始めて、
6ヶ月で30kg痩せてコンプレックスは解消しました。

デブを卒業して、太りにくい体も造ることができました。

痩せた達成感と安心感から、
「もうダイエットしなくていいんだ~」となって、

そこでほとんど運動も食事管理もしなくなり、

半年間も運動しないし、
お菓子も炭水化物も無制限ではないですが、
あんま気にせず好きに食って超ダラけてしまいました。

筋肉つけて太りにくくしていたので、
半年間ダイエットしなくても体脂肪率15%あたりをキープしている状態。

そっから体重増えないから、もうやんなくていいやーみたいな生活でした。

だったのですが、途中から超絶レベルダウンしてることに気付きました。

だって、太らないつったって1年もダラけてたらそれも終わります。
筋肉も一度つけたからってずっと友達でいてくれるわけありません。
半年も鍛えてなかったらそりゃあどっか行きます。

だから半年間は太らなくても1年~2年ダラけてたら太るに決まってる。
人生そんな都合よくいくわけありませんよね。

で、ちょっとやるかと半年ぶりに筋トレすると全然できないわけです。

ダイエット中は腕立て伏せ90回とかできてたのに、
たった30回でもう腕がプルプルしてるし、
そもそも身体が持ち上がらない。

スクワットもそんな感じ。

超ザコになってるやんけ

ストレッチやるにしても、身体が固くなってる。
開脚ができなくなってる。股関節が超痛いわ。

糖質制限もできなくなってる。
お菓子をみると、「明日からやろう病」が再発する。
1度克服したはずなのにだ。

明らかに身も心も弱くなってる。

けど全然太らないし。
レベルダウンしてることに気付いてからも、
ちょっと筋トレするだけで、
痩せはしないけど太りもしない身体を維持できていました。

1日に本当に5分くらい筋トレするだけでその状態をキープできていました。
それだけで体脂肪率15%が9ヶ月以上維持されているのです。

食事管理系の勉強は好きだったので、
論文読んだり、本読んだりはしているわけですけど。

なにぶん心身ともにダラけてるので、
学んだことを実践しない。

知識だけ集めてるけど、
実際の生活に全く活かされてない。

ただただインプットしているだけで外に出さない、
という生活が半年以上続いていたから逆に疲労感というか、

なんかしないといけないと思いながらも、ダルくて動かない生活に、
なんだか頭がモヤモヤしていました。

それと同時に、なんつーか退屈さを感じずにはいられませんでした。

学ぶことすべてが楽しかったが、痩せた後が、退屈

ボクは最初はくそデブ野郎で何も知らないところからのダイエットスタートでしたので、
最初はもう知らないことだらけなので超楽しかったです。

あれもこれも知らない知らなーい。

知識を得るのが楽しくてやばかったです。

・筋肉の仕組みだったり
・日本人の食事の歴史
・あらゆる観点からのなぜ痩せるマインドを造れると強いのか?
・そもそも痩せるとは何か?
・体脂肪率一桁になるにはどうすればいいのか?
・一見しょぼそうな水分補給がなぜ重要なのか?
・健康的に痩せるために必要なことは?
・食品業界のマーケティング。実は1日3食は食いすぎとか。

まあ勉強するのが楽しかった。
そして勉強したことが身体に反映されるのが楽しかった。

超楽しかったのですが、ある意味ボクは痩せるためだけに勉強していました。

アタマに知識を突っ込めば突っ込むほど痩せるから勉強しようという、
非常に素直なマインドで行動していました。

だからこそ、最初の頃は1度読んだテキストを何度も読み返して、音読をして、メモって、自分なりにまとめて、録音して、高校の登下校や授業中にも隠れてイヤホンで聞いてました。

勉強する、痩せる。勉強する、痩せる。の繰り返しが非常に面白かったのです。

だったのですが、30kg痩せてみて、ある意味目標が達成されてしまったのです。

元々ボクがダイエットを始めた理由は、
デブが原因でいじめられてたり、女子に避けられることで容姿に対するコンプレックスがあったことと、
コミュ障で自分自身に自信を持てなかったことが根本的な理由です。

それが両者共に解決されてしまいました。

そうなると、ぶっちゃけもう勉強しなくてもよくね?ってなったり、
ま、どうせもうあんま太らないし、筋トレするモチベ湧かねえな
となってしまったわけです。

で、家でお菓子食いながらダラダラするみたいな、
くそデブ時代のクズ生活に極めて近い状態に戻っていました。

たまに水泳したり、バドミントンしたりするんですけど、
それも月に1回くらいで、家にいるときが本当にクズすぎて、
向上心もないし、家から出ないし、どうしようなーみたいな。

それでもなかなか太りませんでしたから、
最高じゃねーかとはよく言われました。

で、ダラダラしてたときに、
ある人物と出会いました。

見た目年齢20代のおっさんとの出会い

その方は実年齢43歳にも関わらず、
見た目年齢が20代後半という、そりゃあもうビビるほど若くてイケメンな人物でした。

(手っ取り早くイメージするならGACKTさんが一番近い)

今までもカッコいいおっさんとか、実年齢より5歳若く見えるような人物とは会うこともありました。
だけどここまで異次元に老けてない方は初めて会いまして、
なおかつこの人が超最強に頭がいいわけです。

頭が切れるわけです。

思考の練度といいますか、
なにかを説明するのも面白く、しかも小学生でもわかるように説明できる。
斜め上から刺すようにアイデアをぶっこんでくる。
その上常に物事の本質を捉えて話をできる。

そしてアタマだけでなくカラダも異次元でして、
43歳にして全く老けていないのもそうなんですが。
体脂肪率8%なんです。

運動も食事管理も徹底してて、
1分1秒にこだわりを持って生きている方でした。

それに加えて、育ちが良かったわけでもなければ、
たまたま老けてないという感じでもなくて、

クッソ勉強して、クッソ頭良くなって、クッソ行動して、
なおかつそれに満足せずにまだ上に登りつめようとする。
なんていうか文武両道を極みを体現しているという感じの方でした。

実際にお話をしてみても、頭良すぎるし筋肉ヤベーし。
下手したら見た目ボクよりも若いしで、
いつも悔しい思いをしております。

とにかくカッコよすぎるんです。

君の歳の頃の俺は30倍は挑戦していたよ

その時に、
「その歳でそんなにダラけてたらダメだよ。
少なくとも俺は君と同い年の時には君の30倍は挑戦していたよ。」

と言われました。
なんていうか実績もそうなんですが、
知識に投資しまくってスーパー理論武装してる感じに、
あまりの格の違いにボクは笑うことしかできなかったです。

もしその方と対等な条件で0からどっちが先に実績残せるか勝負したら、
負けるイメージしか浮かばなかったです。

ボクがスーパー頑張って1年分進んだとしても、
その方はボクと同じ時間で100年分進む。
それほどの密度の違いを感じました。

だからこそ悔しかった。
これは10000回戦っても、10000回負けるだろう。

いまのままでは足元にも及ばない。
心の底から悔しかったです。

少しでも追いつきたいと心底感じました。
少なくともこのままではいけない。絶対にダメだ。

ボクはもともと負けず嫌いで単純な人間で、
悔しすぎて悔しすぎて、

ここからもう一度生まれ変わろうと決心しました。

信念が生まれた。ボクはもっと進化する。

その後、一瞬一瞬を全力で生きようという信念が生まれました。

何事も、やるなら徹底的にやる。できる限り上を目指す。

その結果、
ダイエット始めた頃と同様に貪るように学ぶようになりましたし。
筋トレの強度もダイエット当時より上げました。

太りにくいからって、ダラダラしてるだけの生活だったら、
こんなことする必要ないんですけど、

単純に信念があることで人生がかなり楽しくなりました。

学んだことを生活に落とし込んで実際に身体に変化が現れるのも超楽しいです。

今では食事管理は徹底していて、
基本的に1日1食。朝は野菜ジュースのみで、
炭水化物は週も1回食べるか食べないかという感じにして、
常に健康的で太らない生活と身体に仕上げています。

筋トレは毎朝1時間以上、
無理しない程度に、そこそこ負荷をかけてやってます。

睡眠も効率効率効率を意識してこだわっていて、
可能な限り睡眠時間を削りつつ、
睡眠効果を最大にできるようにして、

食事、運動、睡眠が互いにシナジーを生むような無駄のない仕組みにしています。

ただただ痩せるためにダイエットしていた時とは、
知識の量も質も違うので、
以前とは成果が段違いになっています。

楽しくて仕方ありません。

いまのボクの立場なら、
仕事だろうが遊びだろうがなんだろうが、
せっかくやるなら本気でやりたいし、
中途半端にやるくらいなら、
そもそもやる意味ないな。って思うわけですよ。

別に中途半端が悪いというわけじゃないけど、
ボクは最後までガッツリやり遂げるほうが好きです。

今書いてて思いましたけど、
本当にボク、人格変わったなあってしみじみ思います。

デブ地獄から脱出して自信持てればそれでいいと思ってたのに、
いまではもっと刺激的なこととか、常に自分をレベルアップさせるとか、
そっちが目的になってます。

ポケモンを人生と捉えると本質が理解できる

ゲームをやる感覚がしっくりきますね。

ポケモンだったら、四天王を倒してチャンピオンになって、
その後に伝説のポケモンを捕まえに行ったり、
ポケモン図鑑完成を目指したり、
バトルフロンティアに挑戦したいな~と思うわけですよ。

ダイエットで例えるともっと理解しやすいなと思ってるのですが、

ポケモンは最初から強いことはないじゃないですか、

最初はポケモン捕まえて、育てて、技を覚えさせて、敵を倒して強くなっていく。
何度も戦って経験値を得て、進化させて。
ときには手持ちの弱いポケモンを強いポケモンと入れ替える。
ってのがやることですよね。

すごくダイエットも似てるなーと思うわけです。
最初よくわからんけど筋トレ初めて、徐々にコツを掴んで、
食事管理も覚えて、料理も上達してくる。
ときにはいままでやってきたことが間違ってたなんてこともあるから、
それを認めて正しい方法にシフトする。

継続しているとそれぞれのクオリティが上がってくる。
そうしてジムバッジをGETするかのように少しずつ痩せていく。

チャンピオンを倒す=目標体重に到達 しても。
まだやることあるじゃないですか。

ポケモンだと、
手持ちのポケモンはまだレベル100まで程遠いからまだまだ育てれるし、
伝説ポケモンもまだ全然捕まえてないし、
図鑑もまだまだ埋まってない。
バトルフロンティアにも挑戦したい。

ダイエットだって、
目標体重に到達してもそれをこれからキープし続けないといけないし、
体脂肪率一桁だって目指せるし、
スタイル神にしつつ超健康体になってもいいし、
食事管理をしっかりやれば老化を超遅らせることだってできる。

まさにポケモンって人生だなって思うんですよ。

ポケモンでも人生でも、
目標達成してからもやり込み要素はまだまだたくさんありますからね。
自分を育てるという感覚ですね。

人生もゲームも、
どうせやるなら中途半端で終わらせたくないし、
どうせやるなら本気になって極めたい。

それを常に意識してボクは生きてます。

もっと強くなりたい。

強くなりたい

ダイエットでいうと、
目標をわかりやすく3ヶ月で30kg痩せるとかにしていくと、
半強制的に強くなるわけですよね。

3ヶ月という期限付きなら、
完璧に筋トレできないからやらない。
とか悠長なこと言ってる暇もないし、

勉強も運動も食事管理もかなりハードにやらないと、
3ヶ月で30kgってかなり厳しいし、

自分のできないことに挑戦しまくって、
殻をぶち破り続けないといけないかもしれない。

けどその冒険は意外と楽しいんですよ。

とにかく超レベルアップするのは間違いないですし、

仮に30kgは痩せることができなくても、
結果的に10kg痩せてるとかザラにある話です。

ボクの場合は、
家でダラダラしたり、暇したり、してたわけだけど、
たまのたまーに軽く筋トレすれば体脂肪率をキープできてしまっていました。

確かに、
いじめられることもなくなったし、
自信も付いて、恋愛も絶好調。

コンプレックスは解消した。

だけどこれ、なんか違うんだよな。
って感じなんですよね。

このままでいいのか本当に?
ずっと死ぬまでこれでいいの?
という感覚。

もちろんダイエットを始める動機は、
モテたいとか、コンプレックス解消したいとかで全然いいと思います。

実際ボクがダイエット始めた動機もそんな感じでしたしね。

痩せることができれば、
自分に自信を持てますし、
周囲の評価も手のひら返しレベルで変わることもよくあるし、
それによって出会いも圧倒的に増えます。

例えば陰キャでオタクのデブが、
学校一の美女に告白してもほぼ確実に撃沈しますよね。

絶対無理ではないんでしょうけど可能性は限りなく低いですよね。

けど痩せるだけで、
スタイルも顔つきもオーラも劇的に変わるので、
成功する可能性は爆発的に上がります。

実際友人で、
超美人のクラスメイトが好きなんだけど、
俺なんかが告白してもOKもらえるわけがないと、
アタックしてもいないのにすでに諦めていたデブの男がいるんですが、

ボクに出会って刺激を受けてダイエット始めました。

で、彼をボクが指導して痩せることができて、
いまはその超美人のクラスメイトと付き合ってます。

彼は合計で21kg痩せることができましたが、
10kg痩せた辺りからすでに「失敗上等」ばかり言う超ポジティブキャラになっていました。

まだ目標体重に到達してないのに「もう告白いけんじゃね?」
と言いまくっていたのは今でも忘れません。

ダイエット前はあんなにビビってたのに、
自信がついて失敗上等で挑戦できるチャレンジャーに化けてしまいました。

最近はよく合う仲で、
「ひとシーの睡眠法さ、真似させてよ。」とかいうから、
テキスト渡して勉強してもらったりしてますw

ボクきっかけで人生かなり変わったそうで、
超感謝してくれてます。
よくメシ奢ってくれるんですw

習慣化を極めることこそ最強の道

ダイエットは食事9割 運動1割と言いますが、
痩せる上で最も重要なのは継続することです。

ここが一番重要です。何よりも重要です。
いくら最強のダイエット法があっても三日坊主ならそれは意味がありません。

そこに感情は必要なく、ただひたすら習慣化して慣れるべきだと思っています。

だからこそボクは徹底的に習慣化を意識します。

ボクはかなりの習慣化野郎であり、習慣化オタクです。
習慣化さえできれば人間は空すら飛べるようになると思ってます。w

実際、筋トレや食事管理を習慣化していて、
歯磨きをするように当たり前に筋トレもしてますし、
1日1食も苦なくやれてます。

無心でできるようになります。

習慣化というのはもっと簡単に言うと慣れることです。

習慣化を極めると、
ダイエットが超楽になります。

歯磨きとかシャワーってめんどくさいとかあんまり思わないでしょう?
仮にめんどくさくてもやらないとなんだか気持ち悪いでしょう?

実際、筋トレを習慣化している状態でサボったりすると、
なんか気持ち悪くなります。

普段ダラけてる人は信じられないでしょうが、
すごいなんかこうムカムカしてきて落ち着かなくなりますw

やらないとスッキリしないだろこれって感覚です。

この感覚は、
前日から歯磨きしなかったまま出社したとしたら。
とかでイメージできるかな。

そんな感覚です。

この習慣化、できるようになると結構楽しいし、
やろうと思えばどんどん増やしていける。
そうすると当然、レベルがゴリゴリ上がっていきます。

これできたら3ヶ月で30kg痩せるのも射程圏内に思えます。

ボクがこのままデブに戻ってもう一度ダイエットしろと言われたら、
3ヶ月で-30kg。なんとかいける気がします。

これはデブ地獄に沈んだまま、
たーだ歳だけとっていたら絶対に出会えなかった世界です。

芸能界最強のGACKTさんは満足していないでしょう?

芸能界最強と言われているGACKTさんは、
ミュージシャンとしても活躍し、
実業家としても成功を収めています。
そしてボディメイクの神でもあります。

今46歳ですが、現状に全く満足していません。

だからこそ筋トレは毎日3時間やってるといいますし、
食事管理もスーパーストイックにしています。

常に自分史上最高の自分でいる。
それを20年以上保ち続けているわけです。

しかもまだまだ進化しようとしてます。

以前は某テレビ番組に向けて、
めちゃめちゃ盆栽の勉強をしていました。

盆栽ですよ?盆栽。

あの鉢に植物を植えて育てて楽しむやつです。

動機はクイズに間違えたくないから。

負けず嫌いでここまでやれるんです。
マジですごすぎます。

あのGACKTさんでもそういったことをやってて、
ボクは素直にかっけえってなるので、
ボクもまだまだ頑張ろうと思えるんです。

どんな人間でも今の状況に満足したら進化は終わりますからね。
まだまだ成長したいです。

せっかくまだ20なので、まだまだいろいろ挑戦できるし、
サボり癖がついちゃうと、
とことんダラけてしまうタイプの弱い人間なので、
刺激をどんどんぶち込んでいこうと思います。

この記事読んで一人でも背中を押せたら幸いです。
ぜひコメントお待ちしてます。

では、気合いれて生きましょう!

————————————————————————————————

ボクは数値にして6ヶ月で30kg痩せたことがあります。

こんなこと言うと超絶怪しいですよね。
お前は元々痩せてたんだろ?とも言われます。

ですが、
ボクはもともと痩せてたわけでもなければ、
アクティブで健康的だったわけでもありません。

そんなボクでも変わることができて、
30kgも痩せることができました。
普段の生活にもすごく良い影響をもたらしています。

結局、知識なんですよね。

どんな人でも痩せれるし、

学んでいけば誰でも自信を得て変わることができる。
ボクひとシーが学んで、そして人生をガラりと変えた過程を下記の記事では話しています。

6ヶ月で30kg痩せたひとシーの基本姿勢↗

————————————————————————————————

Posted by ひとシー